岩見沢歯科医師会ブログ

岩見沢歯科医師会より、健康に関する情報・ニュースをお届けします。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中1の虫歯、全国平均1.7倍の2.03本

学校保健調査:中1の虫歯、全国平均1.7倍の2.03本 アレルギー疾患、中高生で増加傾向 /北海道
道内中学1年の昨年度の虫歯本数は2・03本で、全国平均(1・18本、被災3県除く)の1・7倍に上ることが4日、学校保健調査で分かった。3年前の2・44本に比べて改善されているが、全国平均を依然として大きく上回った。また、アレルギー疾患の中高生の比率が増える傾向にある。
 この調査は78年度から、幼稚園から高校生全員を対象に3年に1回実施。前回から、都道府県別の結果も公表している。
 中1の虫歯は男子1・92本、女子2・14本と、前回に続いて女子の方が多かった。虫歯のうち、治療済みが1・14本で、未治療が0・89本だった。
 市町村別では、1本以下が▽石狩市▽伊達市▽知内町▽鷹栖町▽下川町など12市町村。逆に5本を超えたのが▽森町▽黒松内町▽中川町▽真狩村▽留寿都村の5町村。都市部で少なく、郡部で多い傾向となった。
 一方、アレルギー疾患の児童・生徒の割合は、小学生がアレルギー性鼻炎4・81%(前回5・28%)、食物アレルギー3・82%(同4・32%)と改善。しかし、中学生はアレルギー性鼻炎7・27%(同6・46%)、食物アレルギー6・22%(同4・47%)、高校生はアレルギー性鼻炎9・90%(同8・10%)、食物アレルギー5・10%(同3・80%)と悪化した。【毎日新聞 4月5日(木)】
  
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

岩見沢歯科医師会

Author:岩見沢歯科医師会
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

あなたは

番目の訪問者です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。