岩見沢歯科医師会ブログ

岩見沢歯科医師会より、健康に関する情報・ニュースをお届けします。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職難でも人気薄 福祉介護面接中止

100人以上の介護求人に申し込み7人 就職難でも人気薄 福祉介護面接中止

景気低迷を受けて厳しい就職難が続く中、和歌山市などで開催を予定していた福祉・介護分野の合同就職面接会が、参加者不足で相次いで中止に追い込まれた。
一方で、老人ホームなどを運営する事業所側は、慢性的な人材不足に頭を悩ませており、 県は来月からPRのため「はじめよう!福祉の仕事」と題した大型キャンペーンに乗り 出す。
 中止したのは、7日に和歌山市内、19日に紀の川市内で行う予定だった「福祉・介護 の仕事 合同面接会」。和歌山会場は社会福祉法人など48団体が相談ブースを設け、 100人以上の求人を予定していたが、申し込みがあったのは7人のみ。8団体が予定 していた紀の川会場も1人だった。
 県によると、面接会は2010年度から毎年開いているが中止は初めて。昨年も田辺、 新宮両市で開いたが、計18団体・61人分の求人に対して来場者は合計30人にとど まり、求人数を大幅に下回る状態が続いていた。
 老人ホームで働く介護士を3人程度、募集予定だった社会福祉法人「寿敬会」(和歌山 市)の採用担当者は「業界内での引き抜きが激しい。志高く、仕事を続けてくれる人材を 常に求めているが、慢性的に人手不足で、良い人材を求められる場がもっとほしい」と 行政の働きかけに期待する。
 そうした現状を受け、県の担当者も「仕事がきついというイメージから若者は敬遠して いる」と分析。今後、面接会の募集方法などの見直しを検討する一方、キャンペーンを 行うことで、業界のイメージアップにも力を入れることにした。
 現在、福祉の現場で働く人の笑顔の写真とメッセージを募集しており、テレビCMや イベントで紹介する予定。10月から和歌山市内を走る路線バス3台の車体に(ピヨピヨ)を 載せるほか、11月からは、福祉施設の送迎用車両など約3000台にもPRシールを 貼ってもらうなどする予定だ。
 資格が必要ない仕事もあり、県の担当者は「本格的なキャンペーンは初めてで効果は 未知数だが、まずは業界に前向きな興味を持ってほしい。就職難と人手不足のミスマッチ を解消したい」と意気込んでいる。 (24年9月25日YOMIURI ONLINEより)
 
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

岩見沢歯科医師会

Author:岩見沢歯科医師会
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

あなたは

番目の訪問者です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。