岩見沢歯科医師会ブログ

岩見沢歯科医師会より、健康に関する情報・ニュースをお届けします。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STAP細胞

 世界的権威の科学誌『ネイチャー』(2014年1月30日付け)に掲載され、一躍脚光を浴びた理化学研究所発生・再生科学総合研究センターによる「刺激惹起性多能性獲得細胞」= STAP細胞に大変な注目が集められています。
 STAP細胞の開発で理化学研究所と協力したハーバード大学の研究チームでは早くもサルの治療実験が行われ、脊髄損傷で下半身が不自由となったサルが足や尾を動かせるようになるなど一定の成果が出たため、近いうちに学術論文を発表する予定とのことです。
 しかし、現段階では生後1週間の若いマウスのみ成功しているものの、成長したマウスではSTAP細胞の作製がうまくいかなかったため、人への応用はこれからの課題といえるでしょう。今後の研究に期待がもたれます。


理化学研究所ホームページへ
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

岩見沢歯科医師会

Author:岩見沢歯科医師会
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

あなたは

番目の訪問者です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。