岩見沢歯科医師会ブログ

岩見沢歯科医師会より、健康に関する情報・ニュースをお届けします。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯周病の男性は心筋梗塞のリスクが約2倍に

歯周病の男性は心筋梗塞のリスクが約2倍に

歯周病は歯周組織におこる炎症性疾患の総称で、主原因は歯周病細菌群の感染ですが、さらに生体側の因子(歯のかみ合わせ、免疫など)や環境的因子(喫煙、ストレス、食生活、歯周ケアなど)が発症・進展に関連します。 主要な症状は、歯肉の発赤、腫脹、出血であり、進行すると排膿(うみ)や口臭がみられ、最終的には歯の喪失につながります。

近年、歯周病が他の主要な疾患の原因となったり、あるいはその発症の引き金になったりすることが明らかになってきました。 とりわけ、虚血性心疾患の多い欧米では、2000年代以降、歯周病と虚血性心疾患の研究が増えています。 両者の関連を示す報告がある一方、関連がないとする報告もあり、さらなる調査研究が必要とされています。 わが国では、欧米に比して虚血性心疾患の頻度が少ないこともあり、両者の関係を明らかにする研究はほとんど行われていません。

このたび、東京大学大学院医学系研究科の野口都美客員研究員(研究当時は大学院生)、小林廉毅教授らは、産業保健現場の医師らと共同して、金融保険系企業の36歳~59歳の男性労働者3,081人を対象に、質問票を用いて歯周の状態を評価した上で、その後5年間の対象者の健康状態を追跡調査しました。 その結果、歯肉出血、歯のぐらつき、口臭の3項目から歯周病の強く疑われる男性労働者は、そうでない者に比して、心筋梗塞の発症が約2倍多いことを明らかにしました。

歯周病は、40歳以降の日本人男性において頻度の高い疾患である一方、適切なセルフケア(歯磨きなど)や歯科メインテナンス(歯石除去、専門的クリーニング)で予防・改善できるため、今回の研究成果は虚血性心疾患の新しい予防法につながる可能性があります。
(東京大学HPより)


詳しくはこちら
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

岩見沢歯科医師会

Author:岩見沢歯科医師会
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

あなたは

番目の訪問者です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。