岩見沢歯科医師会ブログ

岩見沢歯科医師会より、健康に関する情報・ニュースをお届けします。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゆっくり噛んで食べる」の根拠を立証

 これまで様々な研究で、早食いが過食につながることが報告され、体重増加との関連が示唆されてきた。しかし、一定量の食事を接種した場合でも、食べる速さが体型に影響を与える可能性があるのかについては明らかにされていなかった。
 調査したのは東京工業大学大学院社会理工学研究科の林直亨教授らのグループ。被験者10名に300キロカロリーのウロック状の食品を与え、急いで食べる施行と、ゆっくり食べる施行とを実施した。前者では平均103秒、咀嚼回数が137回、後者では497秒、702回の結果。また、安静時から摂食、摂食後90分までの酸素摂取量を計測し、食後誘発性体熱産生量を算出。腹腔動脈と上腸間膜動脈の血流量を計測した。
その結果、食後90分のエネルギー消費量は、急いで食べた場合は体重1kg当たり平均7カロリーだったのに対し、ゆっくり食べた場合は180カロリーと有意に高い値を示した。これは体重60kgの人がこの食事を1日3回摂取すると仮定した場合、咀嚼の違いにより1年間で食事誘発性体熱産生量に約11000キロカロリーの差が生じることとなる。脂肪に換算するとおよそ1.5kgに相当する。また、消化管の血流もゆっくり食べた方が有意に高くなった。
この研究結果により、ゆっくり食べることが食後のエネルギー消費量の増加につながることが科学的に確かめられた。林教授曰く「咀嚼を基本とした減量手段の開発に役立つのではないか」としている。
(デンタリズムWinter 2014 No.19より) 
   
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

岩見沢歯科医師会

Author:岩見沢歯科医師会
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

あなたは

番目の訪問者です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。