岩見沢歯科医師会ブログ

岩見沢歯科医師会より、健康に関する情報・ニュースをお届けします。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉ねぎ等に含まれるケルセチンの唾液分泌促進効果を解明

鶴見大、玉ねぎ等に含まれるケルセチンの唾液分泌促進効果を解明

玉ねぎ等に含まれるケルセチンの唾液分泌促進効果を解明
ドライマウス(口腔乾燥症)の対処法としても期待
1月28日の米科学誌「PLOS ONE」)に掲載


 鶴見大学歯学部病理学講座の斎藤一郎教授らの研究グループは、農林水産省の委託事業の一環として「ケルセチンよるドライマウス(唾液分泌量の低下によって生じる口腔乾燥症)」治療の研究に取り組み、その結果、ポリフェノールの一種で玉ねぎ等に多く含まれる「ケルセチン」が唾液分泌を促進させるメカニズムを解明しました。

 「唾液分泌の効果」はこの時期インフルエンザの感染症の予防策としても注目されており、今回の研究成果は、ケルセチンを含む機能性食品の開発にも貢献するものと期待されています。

 この成果は1月28日付けの米国の科学誌「PLOS ONE」に掲載されました。

 近年増加傾向にあるドライマウスは唾液分泌障害により口臭や不快感だけでなく、虫歯や歯周病、肺炎などの感染症のリスクファクターとなることが報告されています。
 ドライマウスに罹患していると考えられる潜在患者数は,海外で報告された疫学調査から算出すると日本国内で約800万人から3000万人と推定されており、全身的な膠原病の一つであるシェーグレン症候群の一症状としても知られている以外に、ストレスや更年期障害、筋力の低下などがその複合的な要因の一つとなります。特に中高年は様々な要因により発症することが多いことから効果的な対処法が求められています。

 1日約1.5リットル分泌される唾液は単なる水分ではなく、種々の成長因子、生理活性物質、抗菌物質、免疫グロブリン等が含まれていることから全身の健康の維持に不可欠であり、抗菌作用、消化作用、粘膜保護作用、中和作用、修復作用等を有していることも知られていることから、このような唾液分泌の促進は超高齢社会において極めて重要な課題となります。

 一方、ケルセチンは玉ねぎやブドウなどに多く含まれているポリフェノールの一種であり、強い抗酸化力を持つほか、抗炎症効果、血管拡張作用、血管新生を促進することが示されており、ケルセチンの摂取によって虚血性疾患や高血圧症など種々の疾患に対する改善効果が示されています。

 このことから今回の検討ではケルセチンが唾液分泌機能を亢進させる可能性があるかどうか、すなわち、ドライマウスの有効な治療法となり得るかどうかについて検討が行われました。
 マウスによる検討ではケルセチンを摂取することで分泌障害が抑制されたほか、ケルセチン摂取は分泌量の亢進が認められました。(図1)
 さらに、ケルセチンの唾液分泌に対する効果のメカニズムを明らかにするために細胞株を用いて解析を行った結果でもケルセチンはAQP5発現やカルシウムの取り込み能などの水分泌に関連する機能を増強させ、分泌障害の原因となる酸化ストレスや炎症反応に対しても抑制的に作用することが確認できました。(図2)
 これらの成果から、ケルセチンの摂取は唾液分泌障害を改善させるだけでなく、唾液分泌を促進させ全身の健康を維持するための有効な手段となる可能性が示されました。
(日経プレスリリースより)


詳しくはこちらから
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

岩見沢歯科医師会

Author:岩見沢歯科医師会
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

あなたは

番目の訪問者です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。