岩見沢歯科医師会ブログ

岩見沢歯科医師会より、健康に関する情報・ニュースをお届けします。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノロウイルス対策強化

避難所の集団感染広がる ノロウイルス対策強化へ
2011年4月13日 提供:共同通信社

 長引く避難生活で抵抗力の弱った各地の高齢者らに、ノロウイルスによる感染性胃腸炎とみられる症状が広がり、避難所では衛生環境の改善に向けた対応に追われている。

 宮城県南三陸町の避難所の志津川小体育館。避難者が医師とともに、トイレの出入り口に敷いた段ボールを撤去、ノロウイルス除去に効果のある薬剤を染み込ませたぞうきんで床を掃除した。

 体育館には患者が徐々に増え、一時は約300人の避難者のうち、十数人に。断水のため、トイレ使用後は消毒液を手に擦り込んで済ませていたが、飲用に確保してある水で手洗いできるようにした。

 同町は、ほかにも数カ所の避難所で感染を確認。駐在する災害医療チームの統括本部は(1)食器は使い捨て(2)患者のトイレを分離(3)手の消毒の励行-などを、避難所で活動する医師らに通知、対策強化に乗り出した。

 チームの全泰和(チョン・テファ)医師(43)は「トイレの近くや通路沿いの避難者に患者が多く、ウイルスを広げない工夫が必要。水が十分に使えない中で、患者を増やさないようにしたい」と話す。

 避難生活は、衛生環境が悪化しがちで、疲労やストレスから高齢者の抵抗力も落ちやすい。重症化すれば、下痢が続いて脱水症状を起こしたり、吐いた物をのみ込み誤嚥(ごえん)性肺炎につながったりして、死亡する危険性もある。

 宮城県の担当者は「集団発症の報告があるのは、交通や通信網が十分な避難所だけ。実態をつかむのは難しい」としている。


4月13日 m3.com 医療ニュースより



0001ZU_convert_20110413200241.jpeg


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

岩見沢歯科医師会

Author:岩見沢歯科医師会
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

あなたは

番目の訪問者です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。